患者が感じる職人医療のジレンマ

###Site Name###

テコンドーで痛めた膝の治療のため、様々な医療現場を訪ねました。


最初にかかった整形外科の医者には、手術を勧められました。

手術はおおごとなので、セカンドオピニオンを聞くため、他院に行きました。
すると、手術は不要との診断。

医療の現場は、実は職人さんの世界と一緒で、それぞれのお医者様がそれぞれの立場で自分の仕事に自信を持ち、それが故に、診断も時として正反対に分かれるものだと感じました。

整形外科だけでなく、スポーツ医療に強い病院を訪ねましたが、そこでは、「プロの選手でなければ、ウォーキングとか、もっとライトなスポーツでもしたら…」というそっけないコメント。

こちらの要望など聞いてもくれませんでした。

ほかにもいくつか整形外科を回りましたが、結局、私は手術の道を選びました。手術をしたのは、最初に相談した病院でした。

いろいろ回り歩いて戻ってきた私に、先生は非難めいたことも言わず、術後のリスクやリハビリの方法をただ淡々と説明してくれました。

医療の現場も、日進月歩、医療技術やリハビリの方法も進化と変化を遂げています。それぞれはその道のプロですが、その職人気質ゆえ、セカンドオピニオンをよく思わない病院も先生もいます。

しかし、患者の思いは皆同じ。

ただ、怪我や病気を治したい、これだけです。

本当に患者の立場に立ったケア、これを第一に考え、尊重してくれるところを患者は選びます。


くだんの整形外科の先生に執刀してもらうことにした理由は、私の話と要望を一番聞いてくれたからです。

いま、リハビリも終わり、年末の大会に向けて、テコンドーの道場に通っています。


http://matome.naver.jp/odai/2133694433065528401
http://www.shika-implant.org/
http://www.mla-jp.com/lasik/lasik_1.html

最近気になった銀座のホワイトニングの比較で快適な暮らしを実現しましょう。

東京の自毛植毛情報を探しましょう。

最近のムダ毛のクチコミ評価が高いです。

心斎橋のわきがの評判に関する情報に追加しています。

額しわ使いやすさが好評です。